教育 必要性について

計算能力を教育する必要性とは

 読み書きそろばんという言葉があります。
文章(昔は漢文)の意味を読み取り、文章を組み立てれて、計算ができるということです。
計算能力とは、学問の基盤の1つといってもか過言ではありません。
 なんでもそうですが、基礎というものはとても重要です。
基礎がしっかりしていればしているほど、応用が自由になります。
計算能力は、数学あるいは論理的能力の基礎です。
その基礎を徹底的に伸ばすことによって、物事の原理原則を見分ける眼が養われます。
そして、原理原則を見分けた後でそれを利用したり、身につけたりできるのです。
 物事を見分けるということは、何かを身につけたり獲得したりするための、最初の入り口です。
計算能力を磨くことによって、その入り口が広くなるのです。
つまり見分ける眼が磨かれますので、チャンスが多くなるのです。
より多く原理原則を見分けられますので、それを生かせばより多くのことが為し遂げられるでしょう。
物事の原理原則を生かしてより良く生きるためには、計算能力を教育して原理原則を見分ける眼を磨く必要性があるのです。

Copyright© 教育 必要性 All Rights Reserved.