教育 必要性について

目的を持って調べることを教育する必要性

 インターネットの発達によって、情報が世の中に有り余るようになりました。
私たちは、情報の洪水に日々押し流されています。
その結果、さまざまな精度の情報に私たちは接しています。
私たちの情報への接し方が試されているのです。
 私たちが何かを調べる時、漠然と調べたならば漠然とした結果しか返って来ません。
目的を持って調べるならば、目的をどの程度のレベルで達成できたかが評価できます。
評価することによって、情報の塊がどれほど自分が欲しい成果によ役立ったかを目の当たりにできるのです。
 目的を持って調べることで、時間を節約できもします。
目的合わない情報をとりあえず取り込まないことで、情報の洪水に流されることから免れます。
私たち自身が、主体的に情報をコントロールdできるようになるのです。
 また、目的をもつことによって、注意が散漫になりません。
目的の情報以外に気を散らされなくなりますので、無駄なエネルギーも使いません。
 情報化社会において主体的に行動するためには、目的を持って調べることを教育する必要性があるのです。

Copyright© 教育 必要性 All Rights Reserved.