教育 必要性について

話し方を教育する必要性は、あるのでしょうか。

 喋ることは、健常者であれば誰でもします。
ことさら話し方を教育する必要性はあるのでしょうか。
 話し方と一口にいっても、色々な要素を含んでいます。
気持ちの表現の仕方から言葉遣いなどのマナー、論理的な話の展開の仕方から興味を引く話し方など多種多様です。
誰でもできることなので、なおさらそれ以上のことをしようとすると、細分化されるのです。
専門的は話し方であれば、自然にはほぼ身につきませんので、教える意義があります。
 では、一般的な話し方を教育する必要はないのでしょうか。
いいえ、あります。
意識をせずにしている行為だからこそ、見直す必要があるのです。
話し方にはその人の癖でます。
ことさら特別な話し方ではなくても、普段の話し方に特徴がでるのです。
まずはその癖に気づかせる必要があります。
自分の喋り方が、相手にどう伝わるのか知る必要があります。
 その次に、自分がそう喋りたいモデルを見つけることです。
そのモデルを模倣して自分なりにアレンジします。
それを身につくまで習慣として実行し続けます。
そうすることで、自分の理想的な喋る方ができるようになります。
その結果、自尊心も健全に保たれますし、コミュニケーションにも自信が持てるようになるでしょう。

Copyright© 教育 必要性 All Rights Reserved.